RUN

B'z『RUN』全曲レビュー|6th オリジナルアルバム

2023年3月25日

本ページにはプロモーションが含まれます。

B'z RUN

本記事のまとめ

B'zの6thアルバム『RUN』について

評価や聴きどころを解説したうえで

古参にも初心者にもわかりやすく3行でレビューします。

B'z RUN
  1. THE GAMBLER
  2. ZERO
  3. 紅い陽炎
  4. RUN
  5. Out Of Control
  6. NATIVE DANCE
  7. MR. ROLLING THUNDER
  8. さよならなんかは言わせない
  9. 月光
  10. Baby, you're my home
概要
リリース 1992.10.28
作詞 稲葉浩志
作曲 松本孝弘
編曲 松本孝弘
明石昌夫
販売
CD

記事を書いた人

B'z Hot-LiNe 管理人

B'z Hot-LiNe 管理人

  • B'z ファン歴26年以上
  • 1998年~ B'z Party会員
  • 初めて買ったシングル
    ┗松本孝弘「THE CHANGING」
  • 初めて参戦したLIVE-GYM
    ┗Brotherhood ツアー
  • 管理人も作詞作曲編曲の仕事を経験

B'zを最末端から応援します!



6thアルバム『RUN』レビュー|評価・聴きどころ

『RUN』は1992年10月28日にリリースされたB'zの6作目のオリジナル・アルバムです。

前作『IN THE LIFE』までとは異なり、バンドセッションから制作されたため、打ち込みが少なく生楽器が多用されています。

 

「ZERO」に代表される王道のハードロックサウンドがメインになっており、今後のB'zのハードロック路線を予感させるアルバムとなっています。

 

松本さんのギターサウンドはよりヘビーになり、印象的なリフアメリカンハードロック的なディストーションがメインになっています。

 

稲葉さんの歌詞は直接的な表現が多かった『IN THE LIFE』に比べ、抽象的な表現が多くなっています。

 

ライブジムで定番の「ZERO」「RUN」や人気曲の「月光」「NATIVE DANCE」などが収録され、ハードロックバンドとしてのB'zを初めて体感できるアルバムとなっているので、ぜひお聴きください。



01.THE GAMBLER

曲頭1分ほどは増田さんの荘厳なオルガンです。

松本さんのギターリフやバンドサウンド、稲葉さんのシャウトで本作のロックショーが始まります!

主人公は稲葉さんの憧れの豪快な男です。

 

02.ZERO

11thシングルでこれまでのポップ路線からロック路線に舵を切る重要な作品です。

松本さんが"勝負をかけた"曲なんです!

「ZERO」の成功によって、今後のB'zは"ロック"で勝負できたんです。

 

03.紅い陽炎

"陽炎=かげろう"と読みます♪

歌詞のテーマは"不倫"!!

前作『IN THE LIFE』とは違い、サウンドは暗めで歌詞も抽象的なバラードとなっています。



04.RUN

深い絆で結ばれたバンドメンバーやスタッフのことをテーマに作詞されています。

現在ではB'zとファンやスタッフの関係のような意味合いになっていますね。

ライブジムではPleasureシリーズのアンコールや最後によく演奏されます。

 

05.Out Of Control

ストレートなロックに「挑発のお兄ちゃんのボヤキ(稲葉さん)」要するに社会風刺が唄われています。

"ペンは剣より強いんだってさ"…SNS時代のいまこそ、個人個人が肝に銘じましょう。

間奏のギターソロとキーボードソロのぶつかり合いが最高です!

 

06.NATIVE DANCE

このベースフレーズを考えたアレンジャーの明石さんはどう考えても天才だと思います。

ネイティブアメリカンの掛け声のようなコーラスが楽しいです。

サビのメロディをなぞるシンセサイザー4つ打ちのビートがB'zの王道ですね。



07.MR. ROLLING THUNDER

ヘヴィーなギターがキモのハードロック色が濃い楽曲です。

「MR. ROLLING THUNDER」とは村の長老のようなイメージらしいです。

アウトロの稲葉さんのシャウトはバンドサウンドに触発されているように思えます。

 

08.さよならなんかは言わせない

歌詞のモチーフは稲葉さんの大学の卒業式です。

テーマがわかりやすいのでファンの間でもとても人気のある楽曲です。

ギターの枯れたサウンドが哀愁を誘います。

 

09.月光

稲葉さんは歌詞に苦労したそうですが、松本さんのギターソロからインスピレーションを受け「月光」となった。

すべてが完璧で最高に美しいバラードです。

『B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-』(ホール公演)や『B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』での演奏は涙が出ます、ぜひDVDやBlu-rayで堪能しましょう♪

 

10.Baby, you're my home

松本さんは、もとのロックなアレンジがしっくりこなかったらしく、アコースティックにしたそうです。

同じアコースティックなテイストですが、前作『IN THE LIFE』収録の「あいかわらずなボクら」と違い、ロックバンドの男臭さがあります。

そして次回作『The 7th Blues』ではB'z史上最大の転換期を迎えるのです。



6thアルバム『RUN』レビュー|まとめ

B'z RUN
  1. THE GAMBLER
  2. ZERO
  3. 紅い陽炎
  4. RUN
  5. Out Of Control
  6. NATIVE DANCE
  7. MR. ROLLING THUNDER
  8. さよならなんかは言わせない
  9. 月光
  10. Baby, you're my home
概要
リリース 1992.10.28
作詞 稲葉浩志
作曲 松本孝弘
編曲 松本孝弘
明石昌夫
販売
CD

ベストアルバム一覧はこちら

no image
B'z 歴代【ベストアルバム】まとめ

B'z 歴代 ベストアルバム ※画像をクリックすると詳細にジャンプできます。 B'z The Best XXV 1999-2012 ギリギリchop 今夜月の見える丘に May juice RING ...

続きを見る

オリジナルアルバム一覧はこちら

no image
B'z 歴代【オリジナルアルバム】まとめ

B'z 歴代 オリジナルアルバム ※画像をクリックすると詳細にジャンプできます。 22nd 【Highway X】 SLEEPLESS Hard Rain Love COMEBACK -愛しき破片- ...

続きを見る

ミニアルバム一覧はこちら

no image
B'z 歴代【ミニアルバム】まとめ

B'z 歴代ミニアルバム ※画像をクリックすると詳細にジャンプできます。 6th 【FRIENDSⅢ】 harunohi シーズンエンド ミダレチル Friends Ⅲ Butterfly こんな時だ ...

続きを見る




-RUN