【B'zベストアルバム大百科】『B'z The Best “Treasure”』

B'zを【最末端から応援する】B'z Hot-LiNeへようこそ!

本記事ではB'zの『B'z The Best “Treasure”』の概要・全曲3行レビューなどをまとめます。

『B'z The Best “Treasure”』購入の参考にご覧ください♪



★概要

『B'z The Best "Treasure"』は1998年9月20日にリリースされたB'zの2枚目の公認ベスト・アルバムです。

ジャケットが銀色で彩られ、"銀盤"とも呼ばれています

 

前作『B'z The Best "Pleasure"』から漏れたシングルや2nd beatが収録され、選曲は『B'z The Best "Pleasure"』に同封されたハガキでのファン投票によって決められた。

本作は初動売上250万枚累計440万枚を突破し、前作『B'z The Best "Pleasure"』との累計売上は1000万枚となった。

 

ジャケットデザインは金盤と銀盤で1つのストーリーとなっており、当時のB'zフィーバーの様子を伺い知れる作品となっています。

ぜひあなたのお手元にも1枚、銀盤はいかがですか?



★全曲3行レビュー

01.BLOWIN'

B'zの10thシングルです。

アコギをメインとしたロックですが、デジタルともしっかり融合・昇華されています。

稲葉さん『風がBLOWIN'

02.恋心(KOI-GOKORO)

B'zファンでない人にも有名な、最強にキュートでかわいらしいポップな楽曲です。

稲葉さん「松本さんのメロディーを聴いて“胸キュン”な感じがあった。

ライブジムでは振付があるので、みんなで一緒に踊りましょう♪

03.TIME

シングル級に有名でライブジムでもよく演奏されるパワーバラードです。

"橋を飾る傘たちの間を縫って"…瞼の裏に風景が浮かぶ素晴らしい表現力です。

メタルバンドのバラードソングのようなパワーのあるアレンジ、ギターワークが素晴らしいです。

04.Liar! Liar!

B'zの23rdシングルです。

松本さんはギターアンプ"Rock man"を使用し、打ち込み音もあるため3~4年目のB'zサウンドを感じられます。

メンバー「原点回帰

05.ねがい

B'zの16thシングルです。

松本さんのストラトのサウンドが珍しい楽曲です。

"どこでも行ける きっと行ける 赤から黄色 白から黒へ"

06.愛しい人よGood Night...

B'zの7thシングルです。

テレビ朝日系ドラマ『代表取締役刑事』エンディングテーマでドラマの関係者が気に入り、急遽リリースとなりました。

前作『Easy Come, Easy Go!』同様、デジタルサウンドから脱却を図るシンプルなバンドサウンド+ピアノのバラードです。

07.Pleasure'98 ~人生の快楽~

ツアーのPleasureシリーズのもとになる楽曲で、ファンの人気も非常に高い楽曲です。

男の人生がひとつのストーリーとなっています。

松本さん「最後は"あいつもとうとう棺桶に入って…"になるんじゃない(笑)」と、、、またまた御冗談を(笑)

08.ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~

B'zの19thシングルです。

出だしのドラミングとギターソロで一気に楽曲に引き込まれます

メンバー「シンプルな曲だけど、演奏するには難しい」そして「ライブで演奏するとグッとくる曲」

09.もう一度キスしたかった

B'zを代表するバラードのひとつで、ファンの人気も非常に高いです。

わかりやすいメロディの繰り返しですが、稲葉さんの歌詞がストーリーを紡ぎ、最高のバラードとなっています。

松本は「『もう一度キスしたかった』というフレーズが3回出てくるけど、「何でもう一度キスしたかったか?」がそれぞれ違う。こういう稲葉の作詞テクニックはすごい。」、、、絶賛です!

10.FIREBALL

B'zの21stシングルです。

資生堂「ピエヌ」CMソングのタイアップで、キャッチコピーの「メイク魂に火をつけろ」という歌詞を盛り込まなくてはならず、2番のサビに"メ~~イク"という言葉を盛り込でいます。

『ミュージックステーション』で演奏し、共演したエアロスミスから「日本にもこんなロックがあるのか。」と評価され、後のライブでの共演に至ります。

11.Real Thing Shakes

B'zの20thシングルです。

「Q.日本語タイトルをつけるなら?」稲葉さん「ホンモノってやつはよぉ…なぁ、おい

松本さん「AC/DCみたいだ(リフのみで構成されているため)」

12.MOTEL

B'zの15thシングルです。

当時カラオケで歌いやすい曲が売れ線だったが、松本さんは「少し違う道を提示しなきゃいけない」「ああいう曲(MOTEL)をあえてシングルにする必要があった。」と語っています。

世間の流行とは一線を画し逆行するという考え方は、松本さん"野性の勘"といったところでしょうか。

13.いつかのメリークリスマス

ミニアルバム『Friends』の中では"回想"をテーマにしています。

シングルでないにも関わらず、クリスマスの定番曲です。

季節ものの曲なので、ライブジムで演奏されるとラッキー♪と思うはずです。

14.RUN -1998 style-

アルバム『RUN』収録「RUN」の再レコーディングバージョンです。

深い絆で結ばれたバンドメンバーやスタッフのことをテーマに作詞されています。

現在ではB'zとファンやスタッフの関係のような意味合いになっていますね。



★購入はこちら

 

次はこちらをCHECK

【B'zベストアルバム大百科】『B'z The “Mixture”』

B'zを【最末端から応援する】B'z Hot-LiNeへようこそ! 本記事ではB'zの『B'z The “Mixture”』の概要・全曲3行レビューなどをまとめます。 『B'z The “Mixtur ...

続きを見る

ベストアルバム一覧へ戻る

B'z-ベストアルバムまとめ-

ContentsB'z -BEST ALBUM-【B'z The Best XXV 1999-2012】Disk1Disk2【B'z The Best XXV 1988-1998】Disk1Disk2 ...

続きを見る

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5