【B'zミニアルバム大百科】5th Mini Album『FRIENDS Ⅱ』

B'zを【最末端から応援する】B'z Hot-LiNeへようこそ!

本記事ではB'zの5th Mini Album『FRIENDS Ⅱ』の概要・全曲3行レビューなどをお伝えします。

『FRIENDS Ⅱ』をお楽しみください♪



★概要

『FRIENDS II』は1996年11月25日にリリースされたB'zの5枚目のミニ・アルバムです。

また4枚目のミニ・アルバム『FRIENDS』の続編となっています。

 

『FRIENDS』は全楽曲を1つのストーリーとしたコンセプトアルバムでしたが、本作『FRIENDS II』は1曲1曲が独立した楽曲となっています。

 

松本さんは「B'zにとってミニ・アルバムは実験の場」と語っており、本作はボサノヴァ・レゲエ・フュージョンといったジャンルの楽曲にチャレンジしています。

稲葉さんのボーカルもファルセットを多用し、今までとは違うボーカルのアプローチをしています。

 

今までのB'zでは聴くことのできない珍しいタイプの楽曲が多いので、ぜひお聴きください。



★全曲3行レビュー

01.Friends II

メロディは前作『FRIENDS』の1曲目「Friends」と同じです。

前作はストリングス演奏でしたが、今回は松本さんがメロディをガット・ギターで弾いています。

前作『FRIENDS』の続編ですが、この後に続く曲はそれぞれ独立しています。

02.SNOW

Snow
ロック¥255B'zIn Album: Friends Ⅱ

稲葉さんはほぼ1曲を通してファルセットで唄うことにチャレンジしています。

右チャンネルにドラム、左チャンネルにベースとなっており実験的なミックスとなっています(60年代くらいまでは技術的に同じようなミックスが多いですが…)

個人的には、後に発表される「結晶」のファルセットとイメージが重なります。

03.傷心

傷心
ロック¥255B'zIn Album: Friends Ⅱ

テレビ朝日系「超次元タイムボンバー」のテーマソングです。

テレビ番組の『ミュージックステーションスペシャル スーパーライブ96』では披露されたが、ライブジムでは未演奏なんです。

ドラムとパーカッションのパンの振り方が特徴的で、左チャンネル寄りにパーカッション、右チャンネル寄りにスネアが鳴っています。

04.BABY MOON

Baby Moon
ロック¥255B'zIn Album: Friends Ⅱ

ボサノヴァ風の楽曲はB'zで初めてでしょう。

『Friends II』のAOR的要素を存分に担っています。

「もう我慢できない!」って感じの主人公を、女性が優しく照らす完全女性上位の歌といえるでしょう。

05.sasanqua ~ 冬の陽

「sasanqua」は秋の終わりから初冬の寒い時期に花を咲かせるツバキ科の植物です。

4分を超える松本さんのインスト曲です。

おそらく松本さんはこの曲がお気に入りで、松本さんのソロアルバム『House of Strings』、『Strings Of My Soul』にも別バージョンで収録されています。

06.ある密かな恋

B'zでは珍しい、スローなファンクのテイストがある曲です(ギターソロパートはジャズ風)

まさに男の妄想ですね。

"だれにも話せないね こんな恥ずかしい話"

07.きみをつれて

サックスのフレーズを最大限活かしたレゲエ風なバラードです。

松本さんはBメロで「sasanqua〜冬の陽」のイントロのフレーズを弾いています。

アウトロ直前のスネア1発で、曲は怒涛のラストを迎えます。



★購入するなら

 

ミニアルバム一覧へ戻る

B'z-ミニアルバムまとめ-

ContentsB'z -MINI ALBUM-5th【FRIENDS II】4th【FRIENDS】3rd【MARS】2nd【WICKED BEAT】1st【BAD COMMUNICATION】 B ...

続きを見る

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5