ARIGATO

B'z『ARIGATO』レビュー|37th シングル

2023年3月26日

本ページにはプロモーションが含まれます。

B'z ARIGATO

本記事のまとめ

B'zの37th シングル『ARIGATO』について

評価や聴きどころを解説したうえで

古参にも初心者にもわかりやすく3行でレビューします。

B'z ARIGATO
  1. ARIGATO
  2. 輝く運命はその手の中に
  3. もうはなさない
概要
リリース 2004.09.01
作詞 稲葉浩志
作曲 松本孝弘
編曲 松本孝弘
稲葉浩志
徳永暁人
寺地秀行(#3)
販売
CD

記事を書いた人

B'z Hot-LiNe 管理人

B'z Hot-LiNe 管理人

  • B'z ファン歴26年以上
  • 1998年~ B'z Party会員
  • 初めて買ったシングル
    ┗松本孝弘「THE CHANGING」
  • 初めて参戦したLIVE-GYM
    ┗Brotherhood ツアー
  • 管理人も作詞作曲編曲の仕事を経験

B'zを最末端から応援します!



37th シングル『ARIGATO』レビュー|評価・聴きどころ

『ARIGATO』は2004年9月1日にリリースされたB'zの37枚目のシングルです。

もともと2004年のシングル発売は本作『ARIGATO』のみの予定だったそうです(緊急リリースとして前作『BANZAI』が発売された)

表題曲の「ARIGATO」のイメージ的に暗い印象があり、CDジャケットも喪服のような暗い印象があります。

ただ、表題曲の「ARIGATO」は絶対的な名曲です。



1.ARIGATO

タイトルはもともと「そこに誰もいなくても」でした。

おそらく、シングルリリースに際してネガティブな印象だったタイトルを「ARIGATO」に変更し、それに伴って"ありがとう ありがとう"の歌詞が追加されたと思います。

ライブでなかなか演奏されないですが、ぜひ生で聴いてみたい曲のひとつです。

 

2.輝く運命はその手の中に

13thアルバム『BIG MACHINE』のアウトテイクです。

ドラムのスネアの音で『BIG MACHINE』の頃レコーディングされたのがよくわかります(ドラマーはブライアン・ティッシーさん!

"手帳の写真を 一枚とりだして 灰皿に破って棄てたら 笑えた"

 

3.もうはなさない

12thアルバム『GREEN』の頃に制作されてたので、ベースがビリー・シーンさんです。

本作のシングルをひとつの作品と捉えたとき、「もうはなさない」の曲調で救われる印象があります。

アルバム未収録なので「もうはなさない」のために本作を購入するのは全然アリです!



37th シングル『ARIGATO』レビュー|まとめ

B'z ARIGATO
  1. ARIGATO
  2. 輝く運命はその手の中に
  3. もうはなさない
概要
リリース 2004.09.01
作詞 稲葉浩志
作曲 松本孝弘
編曲 松本孝弘
稲葉浩志
徳永暁人
寺地秀行(#3)
販売
CD

シングル一覧はこちら

no image
B'z 歴代【シングル】まとめ

B'z 歴代シングル ※画像をクリックすると詳細にジャンプできます。 54th【STRAS】   STARS Dark Rainbow ペインキラー 君の中で踊りたい 2023 概要 リリー ...

続きを見る




-ARIGATO