NEW LOVE

WOLF【覚悟をきめてレビューをあけよう】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも!

B’z Hot-LiNeへようこそ!

 

AWOOOOOO!!!!

 

さあ、今回の『178%本気の楽曲レビュー』はこちら↓↓

【感激のカッティング】

◆B'z in ファンク最新作

”WOLF”の肝は何と言ってもホーンセクションのアレンジでしょう。

楽曲のジャンルとしてはFunk=ファンクになります。

 

”WOLF”と似たようなホーンセクションがある曲で”Seventh Heaven”がありますが、”Seventh Heaven”はかなりハードロック寄りですね。

"WOLF"の方がメチャクチャFunkな楽曲です。

 

それは松本さんのギターの弾き方でもわかります。

 

◆久々のキレキレカッティング

前述の”Seventh Heaven”と違い、"WOLF"では松本さんはほとんどカッティングを弾いています。(ギターソロやホーンセクションとのユニゾン部分は別)

カッティングとは、チャカチャカッ♪って聴こえるやつです。

 

うん、我らが松本さんのキレキレのカッティングは久しぶりな気がします。

 

2013年の『ENDLESS SUMMER』ツアーの時の話です。

”太陽のKomachi Angel”や”LADY NAVIGATION”でのカッティング部分をほとんど大賀さんに任せているのを観て、僕はちょっと落ち込んでいました。。

「松本さんはカッティングなんて面倒な奏法、ライブで弾いてくれないのかな~~」ってね。

 

でもあれから6年、僕のメンタルは復活しました(笑)

『Whole Lotta NEW LOVE』のライブでYTさんとどのような役割分担をするのか、今から注目です。


【本音だけでAWOOOO!!】

◆韻を踏もうや♪

稲葉さんが韻を踏みまくるのも久々な気がします。

”WOLF”の韻のテーマは母音が”oua-”ってやつです。

 

ちなみに前述の”Seventh Heaven”も韻を踏みまくっていましたね。

”Seventh Heaven”は"bun"でしたが。

そりゃ楽曲の雰囲気が”Seventh Heaven”と似てるって思われますわ。

 

僕自身、B'z以外の邦楽アーティストは聴かないのですが、他のアーティストも歌詞で韻を踏みまくったりしてるんですかね?

 

どんどん韻を踏もうや♪

 

◆本音だけ吠える♪

”マイニューラブ”のレビューで『NEW LOVE』には”感情のアップダウン”の意味合いを持つ歌詞が多いと書きました。

 

”WOLF”では”ローラーコースター”のように感情が揺れそうになってるんですが、なんとか踏みとどまっています。

 

信じられるのは自分の本音だけ》という最終的な強い意志が主人公を支えているようです。

 

"止まぬいざこざ"があっても"揺れる心抑えつけて"

"拭けば飛ぶような"同情にも"そんなのに振り回されない"

そして孤高のWOLF=狼のように

"本音だけ吠える"んです。

 

AWOOOOOO!!!!!!ってね♪

 

最後にはAWOOOOOO!!!!!!が全部持っていきます(笑)

 

新生B'zが奏でるアルバム『NEW LOVE』

"WOLF"も収録されています。

あなたも松本さんと稲葉さんの『NEW LOVE』を大いに受け取ってみませんか?


★おもひで★

ドラマは観てません…




-NEW LOVE
-

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5