DINOSAUR

弱い男【早晩がっかりさせるレビュー】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも!

B’z Hot-LiNeへようこそ!

 

稲葉さんへ、、

次回作のタイトルはこれでどうでしょう?

 

強い女

 

はい!今回の『178%本気の楽曲レビュー』はこちら↓↓

単刀直入に…

みなさん”弱い男”聴いてどうでしたか~?

 

ユニークだったでしょう!

面白かったでしょう!

最高だったでしょう!

それとも、B'zファンの方はこういった曲に慣れてしまっていますか?

 

僕は”弱い男”の歌詞・アレンジこそ

【B'zの真骨頂】だと思っています。

 

どんな特徴なん?

◆ギターリフ1発!!

”弱い男”は「ELEVEN」収録の”煌く人”みたいな楽曲ですね。

TAKさんのギターリフありき制作され、歌メロは後付けで作ったと思われます。

 

基本的にB’zの楽曲は、

メロディを先に作って

歌詞を後ではめ込む

いわゆる「曲先」なのですが、

たま~~~にTAKさんのリフから制作することがあります。

 

多くの洋楽バンドは先にバンドアレンジして、それに合わせてボーカルが歌メロを作るんですけどね。

 

B’zの場合、TAKさんのリフやバンドアレンジありきで楽曲を制作すると、こういう洋楽的で豪快な楽曲が出来上がるんですよ!

 

◆ギターでも唄でもなく

”弱い男”という非常に豪快な楽曲を

さらにクレイジーに仕上げたのが

ギターソロならぬ、サックスソロです!

 

稲葉さんのソロアルバム

「Hadou」収録の”今宵キミト”でも

イカれている感じを表現するために

サックスを使っていますよね。

 

でもね、稲葉さんのソロと違って”これはB'z”なんですよ!

TAK松本さんという最高のギタリストがいるのに、ソロコーナーにサックスを使うというあたりが凄いんです。

 

 

なぜかって?

 

 

だって普通はね。

どんなクレイジーなフレーズでも弾けるTAKさんがギターソロ弾けばいいじゃん

 

それでも”弱い男”という曲を客観視して

この部分にはサックスでしょ!

って豪快にサックスソロを入れる。

 

これですよこれ!

 

このプロデューサー感覚ですよ!

 

だって普通、ギター弾きたいじゃん!(笑)

俺、こんなすごいフレーズ弾けるぜ!みたいな(笑)

 

でもTAKさんは”いかに楽曲が良くなるか”を最優先にしてるんですよ。

 

そんなの当たり前じゃないか!って思う人もいるかもですが、、、

 

これはなかなかできることじゃないです!

特に自己主張は激しいけど実力が伴っていないバンドマンでは出来ないです。

 

稲葉さんのド直球の歌詞

やっとこさ稲葉さんの歌詞についてですが。

 

今作「DINOSAUR」は男(稲葉さん?)の弱い部分を表現した歌が多いですね。

(男が弱いというか、女の人には絶対かなわない…みたいな)

 

でも”弱い男”、、、

これは男の弱さを超ド直球に唄っています!

 

歌詞の意味は読んだままですよ!

 

 

ホント 弱い

 

そして、

 

ホント 柔い

 

 

男なんてそんな生き物ですよ!

 

 

女性の方、そんな男性を大目に見てください(笑)

 

 

それでは!

★おもひで★

LIVE DINOSAURでの"デデンッ"を集めたデデン集を発売してほしい(笑)




-DINOSAUR
-, ,

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5