語り部

【RADIO CRAZY直後のお話】B'zのヴォーカリスト、稲葉浩志

今まで日本で何人が"稲葉浩志"を目指し、敗れ去っただろう。

 

B'zのボーカリスト"稲葉浩志"は唯一無二の存在で

誰も”稲葉浩志”にはなれない。

 

稲葉さんに稀有な才能があるのは事実だが、

そのウン億倍も稲葉さんは努力してきたはずです。

 

歌を歌うこと

いつまでもファンを魅了すること

歌詞を書くこと

過酷なツアーを乗り切る体力の向上・維持

体調の維持

精神的プレッシャーに耐えること

年齢に応じたスタイルの変化へのジレンマ

一本一本のライブを120%全力を出し切ること

 

書き出したらキリがないです。

 

僕も数年前まではバンドのボーカルをしていて

稲葉さんのフォロワーの中の端っこの方にいた一人でした。

 

そんな僕でも人前で歌うことのプレッシャーはすごかったです。

ましてや自分の声が出なかったとき。

 

頭の中がパニックになるんですよ。

 

稲葉さんとラウドネスの二井原さんの対談で

そのプレッシャーを初めて共有できたことを

稲葉さんが喜んでいましたけれども、

 

稲葉さんフォロワーの端くれの僕でもそのお気持ちはわかります。

 

 

2017年12月28日、インテックス大阪で開催された

FM802主催の『RADIO CRAZY』を

喉の不調で4曲で中断しました。

 

僕ごときが

「稲葉さん頑張れ~~」

なんて言わないです。

 

ただ、信じて待っています。

 

フェスに行かれた方には申し訳ないですが

不幸中の幸いは、B'zのライブジムではなかったことですか。。。

 

マネジメントの方

たぶん稲葉さんは無理すると思うんで

ライブジムの延期も視野に入れて欲しいです。

 

莫大なお金が絡むことは重々承知なのですが…

 

稲葉さんは

ライブを延期したことも

中断したことも

体調が原因でキーを下げたことも

ライブの手を抜いたことも

体調維持を疎かにしたこともないはずです。

 

なんとか、稲葉さんの体調を第一優先で物事を考えて欲しいです。

 

以上!




-語り部
-,

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5