B'z

Nothing To Change【背中合わせのレビュー】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも!

B’z Hot-LiNeへようこそ!

 

2018年現在、この曲について語るのは

B'z Hot-LiNeだけだと自負しております。

 

さあ、今回の『178%本気の楽曲レビュー』はこちら↓↓

B'zで唯一…

◆作詞:亜蘭知子

デビューアルバム『B'z』は、

"弾けるようなピチピチ感"と

"す~んごい産みの苦しみ"を

同時に感じます。

 

稲葉さんが作詞でひじょ~~に苦しんでいたというのは、B'zファンの間では周知の事実なんですけど。

 

その決定的証拠に「Nothing To Change」は

作詞者が稲葉さんではなく、

亜蘭知子という方なんです。

 

  • 詞が思い浮かばなかったのか
  • 詞がダメ出しされまくったのか
  • 制作責任者の判断なのか

わかりませんけれども、、、

 

当時の稲葉さん、、、、

 

ほんと~~~にいっぱいいっぱいだったんでしょうね!

 

なんか愛おしくなりますね(笑)

 

◆TAKさんはこの時から

曲調は完全なるバラードです。

誰が聴いてもバラードです(笑)

 

「Nothing To Change」で唯一、

B'zらしさを見出せるところは、

アウトロのギターソロではないでしょうか!

 

ギターソロ⇒⇒⇒

最後のサビ⇒⇒⇒

大サビ⇒⇒⇒

アウトロのギターソロ⇒⇒

そして、フェードアウト

 

こういった80年代洋楽ハードロックのバラードによくある様式美をなぞった形ですね。

 

それでもやっぱり

松本さんのギターは

まだまだ控えめです。

 ★おもひで★

作詞が稲葉さんじゃないのに、英詩が多いな~と思ったでござる。




-B'z
-,

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5