B'z

Half Tone Lady【まだ決まらない 今夜のレビューが】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも!

B’z Hot-LiNeへようこそ!

 

あのB'zだって、デビューしたての頃はアルバムにキャッチフレーズを付けていました

 

アルバム『B'z』のキャッチフレーズは、、

 

最先端から加速する

 

さあ、今回の『178%本気の楽曲レビュー』はこちら↓↓

★☆キラキラB'z☆★

◆80年代アイドルのような…

今回ご紹介するのは、アルバム『B'z』2曲目収録の「Half Tone Lady」です。

 

イントロのシンセサイザーの音からわかるように、

まるで80年代アイドルのようなキラキラした楽曲です!

 

若く碧くピチピチした稲葉さん

アイドルのバックギタリストのような松本さん

二人とも、とてもハードロックをルーツに持つようには思えません(笑)

 

そんな二人が織りなす、現在のB'zでは考えられないほど軽やかな楽曲になっています。

 

◆歌詞の意味は…?

このタイトル、この歌詞を見た方は必ず感じることがあるでしょう。。

 

 

"Half Tone Lady"ってなに??

 

 

かくいう僕も、中学生の時こんなこと考えていました↓↓

「ハーフ…トーーン…レディー……」

 

「う~~~~~ん、、、、、」

 

「わからん( ˘•ω•˘ )」

なんとなく解説してみる

◆正解かどうかはわからん…

英語がたくさん並ぶ歌詞を見ながら、なんとなく解説してみます(笑)

 

"Half Tone"とは?

 

これは直訳すると"半音"ですね。

 

ギターやってる人なら、半音チョーキングで知ってる人も多いでしょう。

 

「半音か~~。。」

 

半音のレディーってことは、

結局のところ"どっちつかず"ってことでいいっすかね?

 

彼女は

無邪気な振り子」であって

お気に入りのバラード」も

無作法なRock'n Roll」になっちゃうんですよ。

 

女の子の揺れ動く感情を表現したってことでよろしいでしょうか?…稲葉さん。

 

◆ギタープレイについて

アルバム『B'z』での松本さんのギターは、超絶控えめです。

なので、よ~~~く耳を凝らさないとギターの音が聞こえなかったりします。

 

Half Tone Lady」でのギタープレイを改めて聴き返してみてください。

 

僕は、このレビューを書くにあたって集中してギターを聴いてみました。

 

するとBメロで、ディレイをかけたアルペジオが入っているのに気づきました。

 

おうふ!

 

これは聴き逃していましたね!

 

今になってこんな発見ができるなんて。

大人になって聴き返してみるもんですよ。

★おもひで★

一生懸命、英語の辞書を引いた夏休み。。




-B'z
-,

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5