OFF THE LOCK

LOVING ALL NIGHT【レビューが見えなくなるくらい】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも!

B’z Hot-LiNeへようこそ!

 

こういう淫靡な雰囲気の楽曲が

子供を大人にさせるんだよね。。えぇ。。

 

さあ、今回の『178%本気の楽曲レビュー』はこちら↓↓

【欲望のまま】

★基本はひっそりウジウジ

”LOVING ALL NIGHT”は

若く、ホットで、欲望を前面に出した稲葉さん

お得意とも言える『不倫願望』ともとれる歌詞ですね。。。

(不倫ではないかもだけど、まあ…相手を奪う感じよね)

 

後の楽曲でも稲葉さんの『不倫願望』ともとれる歌詞は、幾度となく登場しますけどね。

 

稲葉さんの歌詞の主人公は、

あぁぁぁ~~やっぱ不倫たまんねーな~!」という

ある意味ポジティブな人間像ではありません。

(そんな人間イヤですがw)

 

稲葉さんの場合は、

自分がウジウジしていて

好きな女性に対して積極的になれないから

その女性は既に”他の男”に取られちゃっているというのが、前提にあります。

陰でこっそりひそひそと

 

あぁぁああぁぁ~~、、

 

もうぅぅぅ~~、、、

 

どうしようぅぅ~~~、、、、

 

ムラムラムラムラ~~~

 

と感じているように見受けられます。

 

◆吹っ切れると…

でも稲葉さんの歌詞の主人公は、

感情の蓋が吹っ切れてしまうと

もう欲望を抑えられないんです。

 

いじめられっ子が、己のブレーキを全て捨て去ったら凶暴になる…みたいな感じ。

 

欲望丸出しになった主人公にとっては、

その女性が”誰かのものでもかまわない”んですよ!

 

だって欲しいんだもん!!

 

んで、欲しい気持ちの表現が…

 

そう!

 

君が好きな所なら

どこでもキスしてあげる”なんです!

 

そして”朝まで逃がさない”なんです!



【TAKさんのギタープレイ】

◆まるでコンピューターのような

初期B'zにおけるTAK松本さんは

稲葉さんを前面に押し出すため

そこまでギターで主張することはありません。

(ギターソロは当然、TAKさんの主張の場ですが)

 

でも逆に言えば、

それって正確すぎるギタープレイが出来るからこそなんですよね。

 

だってさ、

”LOVING ALL NIGHT”における

TAKさんのバッキングって

本当にコンピューターのようでしょ!

寸分の狂いもない感じ。

 

打ち込みドラムなどに混ざっても、ま~~~~ったく違和感がないのです。

 

いや、すでにギターだけで飯食ってたTAKさんにこんなこと言うのは失礼なんですけどね。

 

TAKさんって本当に凄いギタリストですな。。

 

なにをいまさら…

★おもひで★

まあ、子供の頃はこの曲飛ばしてたよね…えぇ…

子供には早かったですね(笑)




-OFF THE LOCK
-,

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5