DINOSAUR

それでもやっぱり【それでもやっぱり他のレビューに変えられない】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも!

B’z Hot-LiNeへようこそ!

 

”夫婦”ってすごいですよね~。

 

”赤の他人”が一緒になってるんだから。

 

と、現時点で結婚していないB'z Hot-LiNe管理人が言っています(笑)

 

さあ、今回の『178%本気の楽曲レビュー』はこちら↓↓

いつも通りの至極のバラード

アルバム『DINOSAUR』は、

タイトルナンバーの”Dinosaur”から始まり

4曲目の”ハルカ”まで

超特急のように駆け進んできました。

 

まさに『休む間もない』という印象です。

 

そして5曲目”それでもやっぱり”は、

ひと呼吸おいてください~、とばかりに

スローでやさしい曲調のはバラードとなっています。

 

歌詞からレビューしなきゃ!ですよ

◆仲良しな時代

”それでもやっぱり”においては

まず稲葉さんの歌詞からレビューせねばなるまい。

 

 

◎歌詞はどんな内容かって?

 

”それでもやっぱり”は、

パートナーとの関係について

女性目線で素直な気持ちが書かれています。

 

 

◎どんな気持ちかって?

 

パートナーとの関係が冷めきってしまったんだけど、

昔のように"仲良しな時代"に戻りたいという気持ちです。。

 

 

そのままかよ!ってね(笑)

歌詞を見れば誰でもわかりますね。

 

◆他の人に変えられない

でもこの2人っておそらく別れてはいないんですよね。

恋人関係なら、関係が「冷めきってしまったら別れればいい」いう安直な考えもありますけど…

それが夫婦関係だったら、、、

しかも長年連れ添った夫婦関係だったら

簡単に別れりゃいいなんて思えないじゃないですか?

 

 

だからこそ"仲良しな時代"に戻りたいし、

"思い出巡る"、"遅いよね"と後悔ばかりしているんですよね。

 

 

だけど当たり前ですけど、

"他の人に変えられない"んですよ。

 

 

ここらへんの気持ちは僕なんかより、

長年連れ添ったご主人や奥さんがいらっしゃる方のほうがリアルに感情移入できるんじゃないでしょうか?

 

え~~~~っと、

ずっと夫婦関係が仲良しの方

感情移入できなくていいです!(笑)

 

仲良しが一番なんで!

 

しかし、”仲良し”っていう言葉のチョイス

稲葉さんは素直でかわいらしいですよね。

 

TAKさんのお仕事

楽曲に関しては、何か言うことがあるだろうか…

 

TAKさんの仕事として、

この手のバラードでは

いかにギターソロで泣かせるか!

これに尽きると思うんですよ。

 

そしてTAKさんは100%完璧なギターソロを披露してくれたと思います。

 

だって泣けるでしょ!?

 

僕たちギター聴いて泣くんですよ。

これは凄いことでっせ!

 

まあたぶんTAKさんはこれくらい余裕だと思いますけど。

 

ちょっとマニアックなところ

最後に”それでもやっぱり”の全体を通して

個人的に好きな所を書きます。

 

レコーディング的な観点ですけど、それは

稲葉さんのヴォーカルにかかっているリバーブの拡がりですね。

 

ちょいとマニアックです(笑)

 

でもこのリバーブが気持ちいいんですよ

リバーブの拡がりがたまらんのですよ

 

僕はですね、いつまでもこのリバーブの空間的な浮遊感に包まれて穏やかな気持ちで眠り続けたいです。

 

 

それくらい優しいリバーブです。

 

 

どうか

この主人公の女性にも

このリバーブのように

優しく包んでくれる瞬間が

少しでもあるように

願っています。

 

この主人公に幸あれ!

 

それでは!

 

★おもひで★

失恋中に聴きまくっていました。。。




-DINOSAUR
-, ,

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5