DINOSAUR

Dinosaur【青空見上げ、一発レビューしてみる】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも!

B’z Hot-LiNeへようこそ!

 

「ダイナソー」

 

英語のつづりは

 

「D・I・N・O・S・A・U・R」

 

学生時代にDINOSAURが発売されてたら

英語のつづり完璧だったのにな~(笑)

 

ってことで今回の『178%本気の楽曲レビュー』はこちら↓↓

The Only Surviving Hard Rock Band

◆B'zを取り巻く環境

誰もが待ちわびたこの日

2017年11月29日

 

B'z 20th Album「DINOSAUR」リリース

 

1988年のデビューから約30年

積み重ねたキャリアは他の追随を許さない。

 

誰もが認め

誰もが憧れ

誰もが尊敬の念を持つ

 

時の流れと共に、

音楽業界の事情も変化。

インターネットの発達とともに

CDは売上は減少。

Pro Tools等の音楽ツールの発達とともに

音楽は誰でも作れ、大量生産の時代に。

 

そんな音楽を取り巻く変化の中でも

B'zは独自のスタイルを貫き続けています

 

 

そしていつの頃からか、B'zはこう評され始めました。

 

 

【The Only Surviving Hard Rock Band

 

 

◆DINOSAURとは

ここからは気軽にレビューを書いていきます。

 

今回のアルバムを制作するにあたって

稲葉さんはB'zのことを

"DINOSAUR"と表現しました。

 

"DINOSAUR"とは

みなさんご存知の通り

"恐竜"という意味があります。

 

また、僕は知らなかったのですが

"恐竜"が転じて

"古くて時代遅れ"なもの

という意味もあるそうです。

 

長年のB'zファンの方は

よくご存じかと思いますが、

 

松本さんと稲葉さんは

こういった自虐的な言葉を用いて

自分たちの状況や立場を表現し、

いい意味で楽しむという習性(笑)があります。

 

そして今回のアルバムを制作するにあたり

B'z自身やB'zを取り巻く環境を鑑みて、

この"DINOSAUR"という言葉を

そのままタイトルにしました。

 

【松本孝弘】

◆ギターの

今回は「DINOSAUR」の幕開けを飾る1曲

タイトルナンバーの"Dinosaur"をレビューします。

 

"DINOSAUR"にちなんで

つまり、古い表現で言うところの

 

レコードに針を落とした瞬間

 

そう、曲が始まった瞬間から

"Dinosaur"の世界観に圧倒されます。

 

まるで恐竜がそこにいるような轟音のギター

 

そして古代を思わせるようなシンセサイザーの音色

 

何本のギターを重ねているのだろう…

何本のギターを試したのだろう…

何個のアンプを試したのだろう…

どういうエフェクターを使ったのだろう…

どのくらい時間がかかったのだろう…

 

僕ら聴き手の妄想は膨らむばかりですが、

簡単にまとめるなら

 

 

そんじょそこらのバンドとは音圧が全然違う!

 

 

ってことですよ。

 

まさにTAK松本さんのギターの

 

「Magic」の1曲目「Introduction」でも

TAK氏のギターのみを重ねた曲を披露してくれたが、

 

"Dinosaur"のイントロ部分は

 

そのウン十倍も増して、

 

凄まじい音の塊となっています。

 

◆TAKの本気

今作「DINOSAUR」全曲を通じてですが、

天才TAK松本氏のギターへの

チープな言葉でいうところの

情熱」がすごいです。

 

ケチのつけどころがありません。

 

B'zを熱心に聴いたことがない

もしくは

「B'z=ultra soulでしょ」

みたいな若い人たちが聴くと

必ず圧倒されると思います。

 

 

これがハードロック

これが日本のハードロック

これがB'zの音楽

 

TAK松本さんの

・自信

・プライド

はたまた

積み重ねたキャリアからくる

"余裕"さえも感じられる

最高のギターワークとなっています。

 

【稲葉浩志】

◆本当の想い

"Dinosaur"に込めた稲葉さん想いとは…

 

B'zを"Dinosaur"と例え、

 

"Call me a Dinosaur"

そして

"A lonely dinosaur"

と唄う。

 

自分たちB'zを

ある意味古臭い

捉え方によってはダサいものとして

自虐的に唄っているが、

その中には確固たる自信が伺えます。

 

 

俺たちって…古い?

俺たちって…ダサい?

俺たちって…過去の遺産なの?

 

 

で、、、

 

 

 

だから何?

 

 

 

…みたいな(笑)

 

 

俺たちB'zは

周りがどんなに変化しようと

今までも

これからも

築き上げた独自のスタイルで

生きていきますよ!

 

といった想いを

勝手に感じ取りました。。

 

◆本当の声

稲葉さんが磨き上げた歌唱力。

誰にも好き嫌いはあれど、

その歌声を称賛しない人はいないでしょう。

 

"Dinosaur"での聴きどころとしては、

サビの"Dinosaur"を唄う際の倍音です。

 

稲葉さんの倍音の使い方、

表現の仕方はもはや神の領域です。

 

 

音楽的な面では

サビのボーカルをダブルに重ねることで

TAK氏が奏でる

とんでもなくハードなギター

超強力なリズム隊に負けないくらい

強烈な存在感を放っています。

 

 

【まとめ】

「B'zのアルバムは最新作が最高傑作」

 

これはいつも僕が勝手に言っていることですが…

 

今回のアルバム「DINOSAUR」も

B'z史上最高傑作を更新してしまったようです。

 

アルバムのタイトルナンバー

"Dinosaur"を聴き終えた瞬間

 

それは確信に変わりました。

 

とにかくB'zのエネルギーに圧倒され

"Dinosaur"の5分11秒は

僕の人生で一番短く感じる時間でした。

Dinosaur
ロック¥250B'zIn Album: DINOSAUR

 

 

DinosaurのMusic Videoが公開された時の興奮は↓↓の記事をどうぞ

 

★おもひで★

自虐は自身の裏返しじゃね?って思ったっす。




-DINOSAUR
-,

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5