NEW LOVE

SICK【こんなレビューだけが私の全て】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも!

B’z Hot-LiNeへようこそ!

 

恋愛でも

家族関係でも

仕事でも

苦しい時ってこんな心境になることってあるかも…

 

さあ、今回の『178%本気の楽曲レビュー』はこちら↓↓

【半端ないミュージシャンたち】

◆モヒニ・デイ

”SICK”ではベースに注目してみましょう。

まあ注目しなくてもメッチャ目立ちますが(笑)

 

ベーシストは『Whole Lotta NEW LOVE』ツアーでもサポートをしてくれるモヒニ・デイさんです。

イントロからクラビネットとの見事なコンビネーションを披露。

この時点でグルーブ感音の強弱抜群のセンスを感じます。

 

”SICK”ではハネたリズムを生かしたプレイで楽曲のレベルを1段階パワーアップさせてくれていますが、かと言ってシンプルなルート弾きもいとわないらしいです。

松本さんもそんなモヒニ・デイさんの幅の広さに安心したとか。

 

そんなモヒニさんのベースソロは圧巻

モヒニさんのために用意されたパートです。

 

どうやってプレイしているのかわからんですが(笑)

とにかく必聴!

 

ライブでのベースプレイもめっちゃ楽しみにしています。

 

◆貫禄のTAKさん

余裕と迫力MAXのギタープレイに感嘆。。。

もちろん松本さんのことです。

 

曲中ではベースソロのパートを設けるほどの余裕を見せながらも、

《敢えて弾き倒さないギターソロ》と《豪快なアウトロ》で、

貫禄を見せつけます。

 

松本さんのギタープレイには

《余裕》と《本気》が入り混じり、

僕ら聴き手の鼓動も乱高下します。

 

いい意味で”破裂しそうな自律神経”です。


【人間だもの…】

◆両極端に触れる感情

『NEW LOVE』1曲目の”マイニューラブ”のレビューのなかで、

『NEW LOVE』には”感情のアップダウン”と同義語がたくさん見受けられると書きました。

 

この”SICK”の歌詞なんて正にそうでしょう。

 

好きだから大嫌い ていうか大嫌い

破裂しそうな自律神経

痛みと快感 そしてまた痛み

血圧が乱高下

 

”SICK”がどんな場面を唄っているのかは想像するしかないですけど、精神状態は両極端に触り切ってますね。

 

ま、あまりよくない状態かと思います。。。

 

◆どんな場面でもありうる…

歌詞のモチーフとしては恋愛関係のことかもしれませんが、

例えば仕事のことでも”SICK”な状態になることがありますよね。

 

好きな仕事に就けたからって幸せなのか?

 

いっそ出会わなければ良かった”かもしれませんし、、、

なにも知らなければもっと楽だった”かもしれません。

 

他に趣味にしても

例えばサッカーの応援とかだって

勝ち負けが絡むと楽しいことばかりではないし、

 

動物が好きだとしても

生死は必ず存在するから、苦しいこともあります。

 

もちろん、その逆も然り

 

僕らは日々、感情が乱高下してるんでしょうね。

それでも”こんな世界だけが私の全て”ですが。

 

新生B’zが奏でるアルバム『NEW LOVE』

”SICK”も収録されています。

あなたも松本さんと稲葉さんの『NEW LOVE』を大いに受け取ってみませんか?


★おもひで★

初めての恋愛なんて、こんなことばっかよ(笑)




-NEW LOVE
-

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5