Bluesman

Asian root【Bluesmanレビュー⑩】

B'zを最末端から応援するB'z Hot-LiNeへようこそ!

本記事は、松本さん12枚目のオリジナルアルバム『Bluesman』から10曲目の「Asian root」をサクッとレビューします。

★ミュージシャン

ギター:松本孝弘

パーカッション:斉藤ノヴ

アレンジ:松本孝弘、寺地秀行

★サクッとレビュー

ギターとパーカッションのみの演奏で1分20秒ほどの短い楽曲です。

キラキラとした音もすべてパーカッションの音で、例えばB'zの「THE CIRCLE」のキラキラした音もパーカッションなんです。

「THE CIRCLE」では、ドラムのシェーンが色んなパーカッションを演奏していましたね。

 

ギターのフレーズはとてもエスニックな雰囲気があり、ギターのフレーズから"Asian"というキーワードが浮かんだのでしょうか。

松本さんは敢えてルーツ(roots)ではなくルート(root)という言葉を組み合わせ、「アジアがひとつになればいいのに」という気持ちが込められています。

★とめどない安心感

ビートルズを聴いた人なら伝わると思うんですが、

『Abbey Road』の「I Want You(She's So Heavy)」を聴いた後の「Here Comes The Sun」のような安心感を感じます。



★Bluesman購入は3パターン

こちらでは3つの『Bluesman』発売パターンをまとまめます。

『Bluesman』購入の参考にどうぞ♪

①初回生産限定盤[CD+DVD+オリジナルTシャツ&ギターピック]

通常のCDにプラスして、「Waltz in Blue」のMUSIC VIDEOを収録したDVDオリジナルTシャツギターピックが同封されます!

 

パッケージのイメージは以下です♪

僕は速攻で、こちらの初回生産限定盤を予約しました。


②通常版(CD)

こちらはCDのみの通常盤です。


③アナログレコード[LP2枚組]

こちらはアナログレコード盤です。

アナログレコードの再生機をお持ちの方は、アナログレコードの購入もオススメします。

CD音源に比べて、音質の温かみや音のリアリティが絶対的に増します。





-Bluesman
-,

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5