Bluesman

花火【Bluesmanレビュー⑨】

B'zを最末端から応援するB'z Hot-LiNeへようこそ!

本記事は、松本さん12枚目のオリジナルアルバム『Bluesman』から9曲目の「花火」をサクッとレビューします。

★ミュージシャン

ギター:松本孝弘

ドラム:玉田豊夢

ベース:種子田健

ピアノ:小野塚晃

トリングス:MIKA HASHIMOTO with Lime Ladies Orchestra

アレンジ:松本孝弘、寺地秀行

★サクッとレビュー

夏の花火の華やかさよりは、花火が終わるときの何とも言えない切なさを感じます。

とても日本的なニュアンスのブルージーな楽曲です。

 

曲頭からメイン部分までは指弾きでギターを弾いてると思うんですが、松本さんはとても細部まで拘って「花火」の切なさを表現しています(どの曲でもそうですが)

ピックで弦を弾くとアタックが強くなるんですが、指弾きだと音色がとてもまろやかになり、「花火」の穏やかな世界を作り上げます。

★ジブリ映画を観た後のような

終始、松本さんのギターが優しく語り掛けてくれる楽曲「花火」は、アウトロのピアノとストリングスで、ジブリ映画を観た後のような切ない感情を呼び起こします。

日本的情緒に溢れる楽曲ですよね。



★Bluesman購入は3パターン

こちらでは3つの『Bluesman』発売パターンをまとまめます。

『Bluesman』購入の参考にどうぞ♪

①初回生産限定盤[CD+DVD+オリジナルTシャツ&ギターピック]

通常のCDにプラスして、「Waltz in Blue」のMUSIC VIDEOを収録したDVDオリジナルTシャツギターピックが同封されます!

 

パッケージのイメージは以下です♪

僕は速攻で、こちらの初回生産限定盤を予約しました。


②通常版(CD)

こちらはCDのみの通常盤です。


③アナログレコード[LP2枚組]

こちらはアナログレコード盤です。

アナログレコードの再生機をお持ちの方は、アナログレコードの購入もオススメします。

CD音源に比べて、音質の温かみや音のリアリティが絶対的に増します。





-Bluesman
-,

© 2020 B'z Hot-LiNe Powered by AFFINGER5