B'zの活動を最末端から応援するファンブログです。合言葉は「いつだって いまのB'zが 最高ヨ」

BREAK THROUGH

HEY BROTHER【読んでやんなきゃおまえのレビュー】

投稿日:2019年4月4日 更新日:

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも!

B’z Hot-LiNeへようこそ!

 

後の稲葉さんの歌詞には、

男の理性が爆発する』歌詞があります。

 

それに比べてこの曲の主人公は、、、単なるチャラ男でしょう。。

 

さあ、今回の『178%本気の楽曲レビュー』はこちら↓↓

【ファンキーな楽曲にファンキーな歌詞】

◆ギターキッズはちゃんとコピーしよう♪

全体的な楽曲アレンジとしては、初期B’zが出来る限りの非常にファンキーな楽曲です。

 

ファンキーな楽曲を表現する松本さんのギターワークとしては、

  • 出だしのギターの速弾きや
  • アームのハーモニクス
  • Aメロのカッティングなど

聴くべきところはたくさんあります。

松本さんを目指すギタリストは”HEY BROTHER”もちゃんとコピーしようね。

 

しかしTAK松本さんのクリエイティビティーはどこまで奥深いんだろう。

いろんな楽曲のインプットが無いと、こういった楽曲のアイデアなんて出ないですからね。

その元ネタは…後ほど。。

 

◆ファンキーな歌詞

稲葉さんも頑張って(失礼ですが…)ヒップホップ的に唄おうとしています。

 

歌詞の主人公は曲調に合わせてチャラ男です。

 

テーマはまさに『悪友』

 

素の稲葉さんに”HEY BROTHER”の主人公のようなチャラチャラ感はないはずですが、、、

後の稲葉さんの歌詞には『理性が爆発する』男の様が唄われることになるので、、、お楽しみに♪

【B’zの原体験を共有するぜよ】

B’zを語る上で外せないのが、元ネタの共有です。

松本さん・稲葉さんの音楽性を創り上げた洋楽(邦楽もあるけど)を知っておくと、B’zの楽曲を聴くのが300万倍楽しくなります。

ってことで、↓↓を聴いておくと楽しいかもよ。

◆Aerosmith

言わずと知れたエアロスミス。

”HEY BROTHER”の歌詞のここ↓↓に注目!

Hey brother , get back in the saddle again

 

単なるこじつけかもですが、エアロスミスの”Back In The Saddle”を歌詞に入れたかったのかな?

◆DAN REED NETWORK

これはマニアックですね。

でも初期B’zを理解するなら、絶対聴いた方がいいですよ!

 

実は1stアルバム『B’z』の楽曲にも

後のシングル『〇〇のKomachi〇〇』にも

DAN REED NETWORKから影響を受けたであろうフレーズが出てきます。

 

どの楽曲かは…ご自身で聞いて確認してみてください。

 

このような元ネタを知っておくと、よくわからない楽曲だった”HEY BROTHER”も300万倍楽しめることでしょう。

”HEY BROTHER”を聴くなら↓↓からどうぞ♪

 

★おもひで★

ま、、まあ飛ばすよね…すみません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-BREAK THROUGH
-

執筆者:

関連記事

LADY-GO-ROUND【溶けるような極上レビュー②-歌詞編-】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも! B’z Hot-LiNeへようこそ!   『LADY-GO-ROUND』の楽曲解説は↓をご覧ください。 B'z Hot-LiNeLAD …

STARDUST TRAIN【曖昧な未来よりも 大切なレビューがここにある】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも! B’z Hot-LiNeへようこそ!   〈ライブで聴きたい曲〉ファン投票で毎度毎度人気してましたね。 そして2018年のHawaiiライブで、 …

となりでねむらせて【ごめん いつもありがとうレビュー】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも! B’z Hot-LiNeへようこそ!   女性『私と仕事、どっちが大事なの!?』   男性『えっ…、、、どっちも、、ゴニョゴニョ』 …

今では…今なら…今も【優しくなれるレビュー】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも! B’z Hot-LiNeへようこそ!   僕は失恋したとき、よく聴いては泣いてましたとも。。   えぇ。。   さあ、今回の …

SAVE ME!?【出逢って三年 遊びでやったレビューだけ】

全世界のB’zサポーターのみなさん、どうも! B’z Hot-LiNeへようこそ!   PURPLE HAZE! PURPLE HAZE! PURPLE HAZE!   さあ、今回 …